買取を申し込む

ページの上へ

即金買取ベストレートamazonギフト券他買取専門!! 即金買取ベストレート

amazonギフト券他買取専門!!

03-5708-5173

東京都公安委員会第303291804399号
>古物営業法に基づく表記

  • ベストレート Facebook
  • ベストレート Twitter
  • 買取を申し込む

 

ベストレートブログ

 

どれを選ぶ?amazonギフト券9種類の特徴を知って最適なタイプを選択

2019/09/02

amazonギフト券 種類

amazon ギフト券は便利なので、よく利用するという人も多いでしょう。インターネットでの購入が主流になってはいますが、店頭で購入することもできます。また、amazon ギフト券はその種類も様々で、デザイン性に優れたものもあり、もはやただの金券ではないのです。

自分用に購入して利用することもできますが、最近ではデザイン豊富なギフト券を選んでお世話になった人に送る人もいます。

今回はそんなバリエーションの豊富なamazon ギフト券9種類について紹介していくので、チェックしてみてください。

1:amazon ギフト券は全9種類

  • カードタイプ
  • シートタイプ
  • Eメールタイプ
  • チャージタイプ
  • 印刷タイプ
  • 商品券タイプ
  • グリーティングカードタイプ
  • ボックスタイプ
  • 封筒タイプ

これが8種類のamazonギフト券です。

コンビニなどの店頭でよく見るamazonギフト券ですが、実はオンラインからもまた違ったタイプのamazonギフト券が販売されています。プレゼントに適したamazonギフト券や、景品として使えるamazonギフト券など、それぞれで使用用途を変えて購入することができるというメリットがあります。

1-1:コンビニや店頭で購入できるのは2種類

コンビニなどの店舗でもamazon ギフト券を使用することはできます。コンビニで購入できるギフト券は、主にカードタイプとシートタイプの2種類です。

カードタイプ

カードタイプ

カードタイプのamazon ギフト券は、売り物としてそのまま店頭に並んでいます。プリペイドカードなどと同じ売り場に置いてあるのが基本で、金額は3000円、5000円、10000円、20000円と、1500〜50000円の間で金額を指定できるバリアブルカードがあります。

実店舗ですぐに購入することができるので、必要な時にコンビニにふらっと寄って購入できるのが大きなメリットです。

シートタイプ

カードタイプはそのままレジに持っていけば購入することができますが、シートタイプのギフト券はお店に置いてあるマルチメディア端末を使ってシートを発行することで購入するものです。金額としてはカードタイプと同じバリエーションがありますが、画面上で金額を指定することができます。

設定や入力が終わったら端末からギフト券番号の記載されたシートが出てくるので、これをレジに持って行って生産すれば手続きは完了です。

1-2:ネットから購入できるのは7種類

店頭で購入するのは基本的に自分で使用するのを目的にしたカードタイプとシートタイプのギフト券です。しかしネット上で購入すると、人にプレゼントするのにぴったりのギフト券も手に入れることができます。

Eメールタイプ

Eメールタイプ

ネット購入のamazon ギフト券の中でもっとも主流とも言えるのが、Eメールタイプです。購入するとメールでギフト券番号などの情報が送られてくるので、これをAmazonのアカウントに入力すればギフト券の残高がプラスされます。

Eメールタイプは電子上でギフト券番号などが記載されてくるので、コピーして利用すれば換金サイトで買い取ってもらうのに便利です。

チャージタイプ

チャージタイプ

チャージタイプの特徴は3つです。

  • 購入はクレジットカードのみ
  • 購入後アカウントに自動でチャージされる(プレゼントでは使えない)
  • 15円〜50万円の間を1円単位で金額指定が可能

自分用で利用する種類のamazonギフト券です。ネットから購入できるタイプは基本的にプレゼント用に適した種類ばかりですが、amazonギフト券を自分用にネットから購入したい方におすすめの種類になります。

印刷タイプ

印刷タイプ

Eメールタイプが電子上でやり取りが完了するのに対し、印刷タイプのギフト券は送られてきたPDFを印刷することでギフト券を登録することができるようになるものです。Eメールほど便利ではありませんが、購入履歴などを形にして残しておくことができます。

商品券タイプ

商品券タイプ

簡易的な封筒に、商品券のような形状のギフト券が入って届くのが、商品券タイプの特徴です。見た目は商品券そのものなので、贈り物などに適しています。

金額は500円、1000円、5000円、10000円の中から選ぶことができますが、金額を自由に指定できるバリアブルタイプもあります。このタイプの場合、商品券タイプはブルー、オレンジ、グリーンから色を選ぶことができますが、ブルーとオレンジは50000円まで自由に金額設定でき、グリーンは500〜20000円の間で指定することができます。

グリーティングカードタイプ

グリーティングカードタイプ

簡易的にお礼を伝えたい場合などには、グリーティングカードとしてメッセージを添えることができるグリーティングカードタイプがおすすめです。

商品券タイプよりもフランクな雰囲気になりますし、気軽に送ることができるので、ちょっとした贈り物としては適しています。

ボックスタイプ

ボックスタイプ

ボックスタイプのamazon ギフト券は、ギフト用のボックスに入って届くものなので、大切な人に贈るのにぴったりです。価格も5000円からなので、少し奮発して良いものを送りたいというときに利用してみると良いでしょう。

多くの人に配るのではなく、誕生日プレゼントなど記念に残るものとして一人の人に送ることが多いです。

封筒タイプ

封筒タイプ

しっかりとお礼を伝えて心に残る贈り物をしたいけれど、あまり高いものだと相手に気を使わせてしまうかもしれない、という場合もあります。そのようなときには、3000円から購入できる封筒タイプのamazon ギフト券がおすすめです。

封筒タイプはデザインを複数種類の中から選ぶことができるので、プレゼントとしても適しています。相手の喜びそうなデザインを選ぶのもまた、贈り物をする上での楽しみです。

2.amazon ギフト券の主な使い道

amazon ギフト券は、どのように使うのが良いのでしょうか。使い方は大きく分けて2つあります。

2-1:自分用に使う

amazonギフト券は、人に贈ることばかりが使い道ではありません。自分のアカウントにギフト券番号を登録することで、Amazonの買い物の際に役立てることができます。現金がないというときにも、アカウントにギフト券残高があれば、気軽に購入することができるので便利です。

また、現金代わりに支払いがamazonギフト券などになっているアプリなどもあるので、そのようなところに課金する際にも使うことができます。ショッピングの際には上限が決まっているので、あらかじめ一定額を入れておけば使いすぎる心配もありません。

2-2:人への贈り物にする

amazonギフト券は「ギフト券」なので、人への贈り物として使用することが多いものです。現金で贈ると下品になってしまうこともありますから、上司やお世話になっている人には金券などを贈るのがマナーです。

Amazonギフト券はインターネットやコンビニなどで購入することができ、ネット購入は遠方の人、コンビニでの購入は手渡しする際などに便利です。

3:amazon ギフト券の使い方マニュアル

amazonギフト券を手に入れても、どのように使用するのかわからずに結局そのままにしてある…なんてことになったらもったいないものです。使い方はシンプルなので、ぜひチェックしてみてください。

3-1:amazonギフト券を使って支払いをする3つの手順

STEP1.ギフト券番号を確認する

1

ネットで購入しても店頭で購入しても、amazon ギフト券にはすべての種類にギフト券番号というものが記載されています。これを自身のAmazonアカウントに入力することで、ショッピングに使用することができるようになるのです。裏面に記載されていることがほとんどなので、ギフト券を手に入れたらまずギフト券番号をチェックしましょう。

STEP2.amazon ギフト券の登録用ページに移動し、登録する

2

ギフト券番号を確認したら、今度はAmazonのギフトカード登録用画面に移動します。トップページ上部の「ギフト券」というところに行き、「ギフト券を登録する」をクリック。その先のページで、確認したギフト券番号を入力して「アカウントに登録する」を押せば完了です。

STEP3.買い物の時に支払い方法でamazon ギフト券を選択する

3

ギフト券番号を登録するといよいよ買い物で登録した額を使用することができるようになります。使用する際には、支払い方法のところでamazon ギフト券を選択するだけでOKです。

3-2:残高を確認しておく

ギフト券を利用して買い物をする場合、入っているギフト券残高を事前に確認しておく必要があります。残高が不足していると結果的に不足分を現金やクレジットカードで支払わなければならなくなってしまいます。

4.amazonギフト券に関する素朴な疑問

amazon ギフト券は便利なものですが、多くの人が疑問に思っている点もあります。今回は、以下の2点についてピックアップしてみました。

4-1:有効期限は10年間

amazonギフト券で気をつけなければならないのは、「使用期限がある」ということです。現在では購入から10年間とされていますが、少し前までは2〜3年の間に使い切らなければなりませんでした。ずっとためておけばいいと考える人もいるでしょうが、期限が切れると使えなくなってしまうので、注意が必要です。

4-2:手数料はかからない

amazon ギフト券を使用するのに手数料がかかることはないので、安心して使用することができます。

まとめ

今回は、amazon ギフト券の種類は使用する際のポイントについて紹介してきました。amazonギフト券は自分のために使うこともできますし、ギフト用のタイプを選べば大切な人に贈るのにふさわしいプレゼントにもなります。

用途によって複数種類のamazon ギフト券を使い分けていきましょう。

SHARE
Facebook
twitter
LINE
ブログ一覧へ

最新の記事

2019.10.17

amazonギフト券って海外でも使えるの?気になる問題を1分で解決

カテゴリ無し

記事を見る記事を見る

2019.10.11

amazonギフト券を先着で貰う方法&最短5分で出来るお得な使い道

カテゴリ無し

記事を見る記事を見る

2019.10.11

【本当の話】amazonギフト券はファミマならクレジットカードで購入可

カテゴリ無し

記事を見る記事を見る

2019.10.11

amazonギフト券はアプリから使え!アプリ6つの魅力をご紹介

カテゴリ無し

記事を見る記事を見る

2019.10.08

【3分半で読めます】amazonギフト券はカードで買うメリットと不安要素

カテゴリ無し

記事を見る記事を見る

アーカイブ

ギフト券の買取を申し込む