買取を申し込む

ページの上へ

即金買取ベストレートamazonギフト券他買取専門!! 即金買取ベストレート

amazonギフト券他買取専門!!

東京都公安委員会第303291804399号
>古物営業法に基づく表記

  • ベストレート Facebook
  • ベストレート Twitter
  • 買取を申し込む

 

ベストレートブログ

 

amazonギフト券の残高確認方法&1円も残さないテクニック

2019/12/15

amazonギフト券の残高は、どうやって確認できるかわからない…。

Amazonで残りをどうやって使おうかと悩んでも、残高確認ができないからわからない…。

このような経験があるかたもいるのではないでしょうか。

amazonギフト券の残高確認をするのは、とても簡単。

Amazonで買い物をする際どう利用するかがわからなくて困っている…という方も多いかと思います。

もしもすぐに残高がわかれば、欲しい物をAmazonで購入しようという気持ちになりますよね。

そこでこちらでは、amazonギフト券の確認方法をまとめていきましょう。

関連記事:読んだら解決!amazonギフト券残高の3つの使い方を解説

1:amazonギフト券の残高は簡単に確認できる!

amazonギフト券を確認したい場合、スマホ・パソコンから簡単にできます。

手順①

まずは、最初にアカウントサービスという項目をクリックします。

そうすると、以下のようなページがすぐに出てくるので確認しましょう。

手順② こちらのamazonギフト券の項目をクリックします。

ここまでくればとても簡単です。

手順③ 通常は、上記のアカウント画面で、残高がいくらか確認できるようになっています。

利用履歴も確認できるので、自分が一体何をどのくらい利用したのかも一目瞭然。

1-1:コンビニで購入したバリアブルカードの確認方法

コンビニで購入出来るamazonギフト券も、残高確認ができます。

コンビにで販売しているものは、2種類。

1つは、すでに額面が決まっているカードです。

もう1つは、自由に金額設定ができるバリアブルカード。

バリアブルカードは、1,500円から50,000円までの金額を1円単位で指定が可能です。

しかし、バリアブルカードには額面は印字されないのが特徴。

そのため、もらった側はすぐにいくらのamazonギフトカードかわかりません。

そこで、アカウントに登録をするとすぐに確認できます。

1-2:アカウントに登録をしたくない場合の確認方法

amazonギフトカードは、アカウント登録をしなくても金額を確認できます。

アカウントに登録をすると、amazonでしか買い物ができません。

しかし、例えば買取などを検討したい場合は、登録をおすすめしません。

「アカウントに登録」という項目の他に、「金額を確認」という項目があります。

その画面で、金額だけを確認できます。

ただ、近年そのシステムが廃止され、カスタマーに連絡をする方法に変わりました。 2:amazonギフト券残高の有効期限を確認

amazonギフト券の有効期限は、一律で10年に設定されました。

以前のように、ギフト券の種類により有効期限が違うということはありません。

期限が長いと、まだ使えるという余裕が出てしまい、うっかり忘れてしまうということも。

そのため、ギフト券を手にして登録をしたら、できるだけ早めに利用するのが良いでしょう。

2-1:amazonで有効期限が確認できない

2017年4月以前に発行されたamazonギフト券は、有効期限が表示されません。

残高だけが、表示されます。

有効期限が新しく設定される前は、1~2年の有効期限が一般的。

例えば、登録しようとしているamazonギフト券が、2017年4月以前のものだとします。

この場合は有効期限が切れている可能性大。

アカウントでも残高だけで、有効期限は確認できないのです。

2-2:amazonギフト券が無効のケース

amazonギフト券は、登録しても無効のケースがあります。

金額は確認できるか、無効という表示がでます。

これは、以下のことが考えられます。

  • 使用済み
  • アカウント登録済み
  • amazonによりロック済み

もらったamazonギフト券の場合は、特に起こりえます。

2-3:複数のamazonギフト券の有効期限はそれぞれ確認

amazonギフト券の有効期限は、延長しません。

発行されたその日から、有効期限が発生するためです。

例えば1つのギフトカードを登録、その後に別のカードを登録しても、最初のカードは先に有効期限が消失。

ギフトカードを追加しても、前のものの期限が延びることはありません。

そのため、複数のamazonギフトカードを登録する場合は、それぞれ確認しましょう。

3:amazonギフト券の残高の使い方

amazonギフト券の残高と有効期限を確認したら、あとは使うだけです。

どのような、使用方法があるのでしょうか。

関連記事:5分で完璧!amazonギフト券で出るおつり問題パーフェクトガイド

3-1:amazonギフト券の併用支払い方法

amazonギフト券の残高は、欲しい物の金額とぴったりでなくでもOK。

980円の残高で、1,500円の物も購入できます。

amazonギフト券は、他の支払い方法と併用できるから。

差額を希望の方法で支払えるため、安心なのです。

  • amazonギフト券の残高&ATM
  • amazonギフト券の残高&ネットバンキング
  • amazonギフト券の残高&電子マネー払い
  • amazonギフト券の残高&クレジットカード
  • amazonギフト券の残高&コンビニ払い

という5種類が主な方法です。

ただし、おすすめはクレジットカード払い併用です。

それは、自宅にいても簡単に手続き可能なため。

例えば、急にamazonギフトカードを贈る場面では、時間もかかります。

そんな時にも便利なのです。

3-2:amazonギフト券から優先的に使用

amazonギフト券に残高が残っていた場合、ギフト券から支払われます。

これは、どんな支払い方法でも先に優先する決まりがあるから。

例えば残高が1,200円で1,500円の品を購入する場合、自動的に1,200円はamazonギフトカードから払われます。

あくまで足りない分を、他の支払い方法で併用するというのが鉄則。

4:amazonギフト券が使えない!?確認しよう!

Amazonで買い物をする際に、amazonギフト券が使えないことがあります。

有効期限も余裕があるのに、使えません。

これは、以下の方法が考えられます。

4-1:出品者がいる商品にamazonギフト券は使えない!

「出品者」によって販売されているものは、使えないことがあります。

AmazonにはAmazon自体が販売しているものと、マーケットプレイスという販売方法があるから。

後者は各店舗がAmazonのサイトを借りているだけ、という考え方です。

このような場合、出品者がamazonギフト券での支払い方法をOKとするかどうかがカギ。

購入者側では、支払い方法を選択できません。

そのため、使用できないという事態が起こりうるのです。 例えば、こちらを比較してみましょう。

比較①

こちらはAmazonが販売している商品になるので、ギフト券を使えるものです。

しかし、同じ商品はこのような出品者によって販売されています。

比較② 4-2:あわせ買い対象商品は使えない!

Amazon商品でも、amazonギフト券が利用できないことがあります。

これは、「あわせ買い対象商品」であるため。

日用品やベビーグッズなどに多く見られる傾向がある、あわせ買い対象商品。

あわせ買い対象商品は、税込みで2,000円以上ではないと購入出来ないシステムです。

600円の残高を使い切ろうと購入したくても、あわせ買いである場合は難点。

合計2,000円になって、はじめて使用できます。

同じ対象商品の中の品をあわせて、購入しなくてはいけません。

まとめ

こちらではamazonギフト券の残高確認の方法や、使い方などをご説明してきました。

amazonギフト券の残高はアカウントサービスにより、簡単に確認ができます。

また、使い方もクレジットカードなどと併用できるので、中途半端な金額が残ってしまっていても安心。

きちんと使いきれるので、勿体ないということもないのです。

できるだけ上手にamazonギフト券残高を使い、そのまま忘れて期限が切れてしまうということがないようにしましょうね。

SHARE
Facebook
twitter
LINE
ブログ一覧へ

最新の記事

2020.01.13

amazonギフト券の買い方はこうだ!30秒でわかる解説付き

カテゴリ無し

記事を見る記事を見る

2020.01.13

9種類で異なる【amazonギフト券価格一覧】

カテゴリ無し

記事を見る記事を見る

no image

2020.01.08

iTunesカード買取が大黒屋でできない1つの理由と正しい換金方法

カテゴリ無し

記事を見る記事を見る

2020.01.08

【2020年版】amazonギフト券の使い方パーフェクトガイド

カテゴリ無し

記事を見る記事を見る

2020.01.06

amazonギフト券チャージタイプが3分でわかる【全まとめ】

カテゴリ無し

記事を見る記事を見る

アーカイブ

ギフト券の買取を申し込む